やまとのスタッフブログ

新年号をお墓に!


こんにちは。佐々木です。
今年は天候にも恵まれ、気温も例年より高く
先日(9日)スタートしました「春の展示会」も
順調な滑り出しをさせていただくことが
できました。

ご来場いただきました皆様、
誠にありがとうございます。

さて今回は、この展示会にお越しいただいた
お客様からお受けした、興味深いお話を
ご紹介いたします。

「自分はまだ元気で、妻もぴんぴんしている。
でもこの先のことを考えると、そろそろお墓も
準備しなければ・・・と思って来てみました」

う~ん。確かに最近は「終活」という言葉にも
現われるように、お墓のことを真剣に考えられる方が
増えてきております。

また、お客様の言葉として「なるほど!」と感じたのが

「今年は5月から年号が変わるじゃないですか。
いずれは建てなければならないお墓なんだから
ここは「新年号」で建立者名を刻めば、この先
わかりやすいよね」

う~ん。これも確かに!
記念すべき新しい年号でお墓の後ろに
「○○元年 六月吉日 △△□□建之」
と刻めばわかりやすいですね。

お墓づくりは、殆どの方が初めてです。
なにをどう進めていけばいいのか。
何がわからないのかが、そもそもわからない。

当然のご意見です。
仏様がいらっしゃる方はもちろん
自分たちのために、またはご子孫の方々のために
どんなことでも構いませんのでご相談ください。

まだ展示会は続いております。
お待ちしております。

営業部・佐々木隆夫

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る