やまとのスタッフブログ

新入社員のご紹介。


こんにちは川原田です。
 さて連日の大雪で毎日の雪かたづけ・・・。
もう雪は嫌だぁ~と嘆いている人も多いかと思います。
 しかし私の子供たちはそんな大人の諸事情も知らずか
毎日のように遊んでます(笑)
 それも楽そうに!しかもこれ以上のない笑顔で!
お見せできないのが残念ですが。(笑)
 そういえば私も小さい頃毎日のように雪で遊んだ記憶があります。
近くの雪捨て場で“基地“や “雪でつくった滑り台”
そして“雪ダルマ”などを作って遊びました。
基地といってもただ雪を掘っただけの穴ですけどね(笑)。
 雪合戦で使う雪球もたくさん手で握って作りました。
そういえば今は簡単に雪球をつくる便利グッズがあるんですね。 
その名も「雪球製造機」たる優れものです!
s-写真120124スノーボール
◇挟んではい出来上がり。
 しかし雪遊びも昔と違って便利になりました。
まさかここまできたとは・・・。
 なにはともあれ雪国で生まれ育った私たちは
雪と上手に付き合わないと駄目ということなんですね・・・(苦笑)
 さて話しは変わりますが1月20日から当社に新しいスタッフが加わりました。
そこで皆様にご紹介したいと思います。
 工事部で働くことになりました室谷俊一さんです。
年齢は今年41歳。背は180センチ以上の大柄。
見た目は写真以上にとてもやさしい好青年です。
好青年といっても年は41歳。わたしと同じ本年厄年の中年ですが(笑)
 その室谷さんから一言。
「みなさん初めまして室谷ともうします。
まだまだ未熟の私ですが一早く即戦力になれるようがんばりたいと思います。」
s-終礼写真120124室谷さん写真
◇現在宮城県にて研修しております。
 今後は研修期間を経て皆様のお墓を丁寧におつくりして行きます。
どうかよろしくお願いいたします。
 さて昨年の暮れから弊社の工事部が被災地に出向き
壊れたお墓の復旧支援に取り組んでいます。
被災地では流されてしまい跡形もなくなってしまったお墓も多く
思わず目をおおってしまう程でした。
s-終礼写真120124被災地
◇ひとつひとつ丁寧に・・・。(復旧活動の工事風景)
 震災で身内を亡くされた方が「せめてちゃんとお墓に入れて供養してあげたかった」と
嘆いておられる姿を見て、今さらですが改めてお墓の大切さが身にしみた思いでした。
やまと石材は、今年も御家族にとってとても大切なお墓を正直につくっていきたいと思います。
写真紹介-川原田-小

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る