やまとのスタッフブログ

戒名(法名)について⑥


こんにちは、ショールーム佐藤です。

明日から7月ですね。今年も残り半年・・・。

令和になって2ヶ月たちます。早いものです。

 

戒名(法名)も今回が最後になります。

そもそも戒名とは、仏門に入った証となるものです。

そして、仏式の葬儀というのは、基本的に仏弟子でない

故人に授戒を施し、仏の世界に旅立てるようにする

というものです。

戒名をつけなくていいとするのは、仏式での葬儀や

法要は必要ないという意味になります。

故人の魂が死後の世界で迷わないようと、戒名を与え、

仏弟子としてあの世に送り出しているのです。

名をつけることが必要であるか不必要であるかは

個人の考え方によって分かれるところですが、

故人のことを思うなら戒名は重要なものであり、

つけた方が良いという考え方は、日本においては

広く根付いているというわけです。

gatag-00005739

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る