やまとのスタッフブログ

戒名法名って


こんにちは、大澤です。
今回は、「戒名」「法名」のおはなしをしたいと、おもいます。
当社でもたくさんの、方々から、
「戒名」、「法名」の字彫り工事の御依頼をいただきます。
「戒名(法名)料がどうも高い、というより、よくわからなくて・・・」
という、お話しをお聞きすることがあります。
たしかに、戒名(法名)やお布施の値段はよくわかりません。
お墓を建てさせていただいた、お客様から、開眼供養のお布施は、
「くらくらい、お渡しすればいいのでしょうか?」とよく聞かれますが
私どもは、他のお客様などから聞いた金額を
「だいたいこれくらいだとよろしいのでは?」
と、曖昧に言うしかありません。
お客様から、戒名(法名)を彫るとき、
「墓石や墓誌を、工場へ運んで、彫るんですよね」
という、ことを聞かれます。
やまと石材では、戒名(法名)やちょっとした文字を彫るときは
工場へ運ぶ必要はなく、墓地で、墓石や墓誌を動かすことなく
戒名等を彫っております。
運ぶ手間や費用を気にすることなく、彫刻できます。
亡くなったときにいただく、
戒名(法名)とはなんなのでしょうか?
ある本によりますと、
世俗の生活(俗名)をすてて、仏教の信仰に生きる仏弟子になった
「あかし」としていただく名前、なのだそうです。
たまに、生前に戒名をいただく方もいらっしゃいますが
その方々は、生きていながら、仏弟子になられた、
という、ことなのですね。
私は煩悩の塊なので、信仰に生きるのは、難しいことだなぁ~。
普段、なにげなく、見ている戒名ですが、
いろいろなありがたい意味や
故人の生前の足跡を表しているとおもうと、
戒名字彫りのご依頼時、戒名のご確認をさせていただきますが
一つひとつの文字の持つ意味を、感じる必要があると、
改めておもいます。
故人に「戒名」や「法名」をつけて、あの世で仏様となり、
安らかに往生してもらう、という仏教の、「死者を救う」理念
を、名実ともに活かす気持ちが大切なのでしょうかね。
紹介写真-大澤-小

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る