やまとのスタッフブログ

御数珠


こんにちは、大澤です。

 

各地から桜の便りが届いておりますが、また寒い日が続いております。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、お客様とお墓の「魂入れ」のお話しをしているとき、お客様から

「魂入れのときはどのような服装をすればよいのか」

「数珠などは必要なのか?」

というご質問を頂きました。

sf15554005b258b644d43245c6c1beb64_t

回忌や法事等といっしょに行うのでしたら、喪服を着てくる方もいらっしゃいますが

この方は、寿陵墓をお建てになられる方でしたので

とくべつ喪服は着る必要は無いのではないかと

数珠に関しましては、持ってこられてもよいのでは

と、お伝え致しました。

IMG_9441

ということで、今回は『数珠』の関してです。

 

当社社員ブログで「安藤」が数珠を購入するブログをUPしておりますが

便乗させて頂きます。

 

そもそも、『数珠』とはなんのためにあるのでしょうか?

数珠はもともと、お経やお題目をあげるとき

その数をかぞえるための法具だったのだそうです。

 

いまは、仏様を拝むときや冠婚葬祭のときにひろく使われています。

珠の数は正式には108個ですが、これは人の心にある煩悩の数を表しているのです。

 

この珠が煩悩を受けてくれるといわれ、厄除けやお守りとしての役割を

もっているのです。

photo0000-3091

それにしても、私達は煩悩の塊なのですね。

 

それでは、ごきげんよう

11

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る