やまとのスタッフブログ

弘前市にある国指定重要美術品


弘前市中別所の板碑

 

皆さんこんにちは

営業部の川原田です。

 

板碑(いたび)とは中世仏教で使われた供養塔です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆中別所板碑群と呼ばれていますがその数は62基といわれ
まさに「群」と呼ぶにふさわしい数です。

 

また故人の供養のほか、来世の幸福を願って

生前に造塔して礼拝するために建立されたものもあるようです。

 

設立時期は

鎌倉時代から室町時代前期に集中しています。

 

分布地域も鎌倉武士の本貫地と

その所領に限られ、鎌倉武士の信仰に強く関連すると考えられています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆多くの板碑の上部には
仏の実体を表す種字(しゅじ)が梵字(ぼんじ)で刻まれています。

 

しかし

戦国期以降になると、急激に廃れていきました。

 

既存の板碑も廃棄されたり壊されたり

さらには用水路の蓋などに転用されたものもあったそうです。

 

青森県に

遺されている板碑は

 

そのほとんどが津軽地方に集中しており

県南地方で確認されているものは、ほんのわずかな程です。

 

弘前市中別所(なかべっしょ)の

地区には数多くの板碑が遺っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆上部に剛界大日種子が薬研彫で彫刻されています。(重要美術品)
 正応元年 1288年 制作 高さ 173Cm 幅 67Cm

 

 

中でも「中別所板碑群」は

国指定重要美術品に指定されています。

 

大小ある板碑の中でも

ひときわ大きなものは年号から「正応の板碑」と呼ばれております。

 

造塔者は

源光氏(みなもとのみつうじ)という人物で

 

長勝寺にある梵鐘の銘文にも

その名が刻まれている程の当時の豪族だったようです。

 

下部には

「立之志者奉為高椙故西円」

「正応元年戊子7月廿3日源光氏敬白」などと刻まれており

 

源光氏が

父・西円の35日供養のために建立したことが分かっています。

 

こうして数多くの板碑が並び立つ様はなかなか壮観です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆上方に阿弥陀三尊の種子が彫られている。当時は地元で多く採掘されていた
 「兼平石(かねひらいし)」で制作されています。

 

 

供養の対象となっている

シンボル(形)は時代と共に変化はしていますが

 

故人を供養する「行為」は

700年経った今もなんら変わらないんですね。

 

改めてお墓の

「本質」に触れたような気がします。

 

 

次回に続く
川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る