やまとのスタッフブログ

年越しそば


 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

営業部の平田です。

とうとう2020年も一か月を切りました。

個人的に12月は好きな季節なのですが、

雪だけは毎年好きになれません。

去年は過ごしやすくてとても良かったので尚更です。

冬は室内で温かくして楽しく過ごしたいです。

 

 

 

さて12月というと色んな話題がありますね。

クリスマスやお歳暮、忘年会、年越しそば…

そこで気になっていた「年越しそば」について調べてみました。

 

 

 

2toshikoshi_soba_family

 

 

 

年越しそばとは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べるお蕎麦で、

歳末の日本の風物詩です。

地域による特色があり、呼び方も晦日蕎麦、大年そば、つごもり蕎麦、

運蕎麦、また、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、

寿命蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦など多くあります。

また年越し蕎麦は、江戸時代には定着した文化だそうです。

蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」と

いう意味があり、大晦日の晩の年越し前に食べます。

 

 

 

一般的にお蕎麦を食べる「年越し蕎麦」が多いですが、地方によって

違いがあります。

地方によっては違う時期に蕎麦を食べて大晦日の夜は別の料理(鮭や鰯など)を

食べる事もあるそうです。(年取り魚)。

また、うどんの名産地である香川県では「年越しうどん」を食べる家庭が多いそうです。

 

 

 

「蕎麦(そば)」と「側(そば)」を掛け、一年の締めくくりである

大晦日に家族で蕎麦と共に食卓を囲むことで「来年もソバにいよう」と

いう意味を込めたという説もあるそうです。

 

 

 

それでは、また次回です。

 

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る