やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ⑰


 

 

こんにちは。

昨日、12月21日は冬至でした。

 

先日のブログで、

正月までは天候が穏やかであってほしい‥

と願って書きましたが、

まさかの、とうとう大雪になってしまいました。。

久しぶりに大雪と地吹雪(?)を体感して、

雪国・青森の恐ろしさをひしひしと

感じております。

 

 

今回は年末ということで

除夜の鐘 についてです。

 

年末最後の大晦日は、旧年と新年の区切りであり、

その夜を「大晦(おおつごもり)」「除夜」「年越し」などといって、

新年の神様である年神様が来るのを

寝ないで待つ日とされていました。

 

かつては日没を一日の境としていたので、

大晦日が暮れるとともに新年と考えられていたそうです。

つまり、除夜の鐘は新年の行事だったということです。

 

 

joyanokane_yuki

 

 

大晦日の夜は

神社では境内で火を焚き、夜を徹して

神主が罪やケガレを清める大祓えを行い、

 

寺院では、午前零時を前にして除夜の鐘をつき始め、

年をまたいで百八回鳴らします。

 

除夜の鐘を百八つくのは、中国で宋の時代から始まったもので、

百八つの煩悩を打ち払って、罪業の消滅を祈るため‥のほか、

12か月と24節気と72侯を合わせた数になるからという説もあるそうです。

 

新しい年が未来に希望のもてる素晴らしい年になりますように‥

 

それではまた、来年です。

 

 

 

(※参考 日本のしきたり 飯倉晴武 編著 より)

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る