やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ⑯


 

 

こんにちは。

今年ももう12月に入り、

明日7日は大雪(たいせつ)。

雪が多くなるとされている頃ですが、

今週の天気予報ではまだ雪が積もる感じはなさそうです。

 

お正月までは穏やかな天候だといいですね。。

 

 

今回はこの時季に行われる針供養についてです。

 

針供養とは、使えなくなった針を

豆腐やこんにゃくのようなやわらかいものに刺すことで供養し、

神社や寺に納め、裁縫の上達を祈る行事です。

 

最近は針仕事をする家庭が少なくなっていますが、

服飾に関わる企業や教育機関では、現在も供養の風習を大切にしているそうです。

 

 

saihou_hari_kuyou

 

 

事八日(事始め・事納め)の代表的な行事、針供養

 

針供養は、毎年、関西や九州では12月8日、

東海や東北では2月8日に行われることが多いようです。

 

古くから、2月812月8は、事を始めたり納めたりする「事八日(ことようか)」と呼ばれ、

様々な行事が行われてきました。

その代表的な行事が針供養です。

 

 

この事八日の2日間は、「事始め・事納め」とも言われ、神様をお祭りする日でもあります。

 

実はこの2月8日と12月8日は、神様を迎える行事と捉えるのか、

人の日常生活の期間と捉えるのかで、事始めの日と事納めの日が逆転するそうです。

 

地域や生活習慣によって意味合いや風習が異なる事八日。

私たちの生活の基盤である「衣食住」にかかわる大事な日として

覚えておきたい行事ですね。。

 

 

それではまた。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る