やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ⑩


 

 

こんにちは。

朝晩涼しくなって

過ごしやすくなって来ましたね。。

クーラーや扇風機の必要なく

安心して眠られるのは嬉しいですね。。

 

 

さてさて、今回はお月見のお話です。

 

旧暦の8月15日(9月中旬~10月上旬)は、

ちょうど満月にあたります。

(2020年は10月1日です)

この日を「十五夜」と呼び、満月におだんごなどの

供え物をして、お月見が催されてきました。

 

 

tsukimi_jugoya 

 

 

旧暦では7月から9月までが秋で、

8月を「中秋」と呼んでいたため、

中秋(ちゅうしゅう)の名月」ともいいます。

 

 

唐時代の中国ではすでにこのような習慣が行われていて、

野菜や果物などを供えて、月を拝み、鑑賞していたそうです。

農村では畑でできた秋の収穫物、

とくに里イモを供えていたことから

「芋名月」とも呼ばれていたそうです。

 

 

収穫の秋。

今年は天候不順が続きましたが、

無事に農作物が収穫できますように。。。

 

 

それではまた次回です。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る