やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ⑨


 

 

こんにちは。

8月23日は二十四節気の処暑(しょしょ)でした。

暑さが終わり、涼風が吹くころ

なのだそうですが

今年は、まだまだそんな感じはしないですよね。。

 

 

今回は土用についてのお話です。

土用(※1)とは雑節(ざっせつ)に基づいた暦で、

一般的には立秋直前の18日間を指します。

 

※1(立春・立夏・立秋・立冬の直前18日間のこと)

 

 

1年のなかでもとりわけ暑い時期のため、

江戸時代、この間の丑の日(7月28日前後)を

とくに「土用の丑の日」と重視しました。

 

 

薬草風呂に入ったり、お灸をすえると

夏バテや病気回復に効き目があるとされていました。

 

 

また、丑の日にちなんで「ウ」のつくもの

ウリ、ウナギ、梅干しなどを食べると

体に良いとも信じられていたようです。

 

 

現在のように土用の丑の日に

とりわけウナギを食べる習慣は

江戸時代に蘭学者であった平賀源内が

ウナギ屋の宣伝策の一環として広めた、

といわれています。

 

 

line_autumn2

 

 

皆様も夏バテにはご注意を。。

それではまた次回です。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る