やまとのスタッフブログ

常夜灯


こんにちは、大澤です。

 

青森県むつ湾の南側にあります「野辺地町」。

 

野辺地町と言えば、美しい海。

その海を臨む港に「常夜燈」があります。

 

江戸時代、野辺地町馬門の「材木」を求めて多くの船が「野辺地」に訪れました。

 

その船の安全を守る灯明台として常夜燈が建てられました

1827年(文政10年)のことだそうです。

s-常夜灯 (1)

そんな古き時代を知る「常夜燈」を取り囲むようにきれいな公園が広がっています

その公園整備を手掛けたのが私たちやまと石材です。

 

入口には「常夜燈公園」園銘碑。

s-常夜灯 (2)

道を歩くと両側に点々と建っている照明付の石柱や

常夜燈を囲んでいる柵は、古くからの石の趣を壊さないよう

錆色の御影石を使用しております。

 

そして、きれいな海を眺めながらベンチでゆっくり・・・。

 

爽やかな海風が吹き抜ける常夜燈公園。

お休みの日などはお弁当でも持ってのんびりとしたいものですね。

 

それではまた。

 

営業部・大澤隆則

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る