やまとのスタッフブログ

師走(しわす)って、言葉の由来はな~に?


こんにちは。
営業部の宮崎です。

気づけば11月もあと1週間、、今年も1か月しかありませんね
思い返すと様々な事があった年でした、皆様は如何でしょうか?

因みに12月を師走(しわす)とも言いますが、どういう意味なのでしょうか
気になったので調べてみました。

所説はいろいろあるようですが
『師走』の由来は、「師馳(は)せ月」(しはせづき)で、昔はお正月にも先祖供養をしていたために師(お坊さん)が忙しく走り回っていたのが語源といわれていたり、
12月は1年の最後で今年のうちにやるべき事は、全部やりとげる月と言う意味で『為果つ(しはつ)』が元になっている、ともいわれ多くの説があり、定説というのはありません。
また、万葉集や日本書紀には「十二月(シハス)」「十有二月(シハス)」の記述があり、当時から「十二月」を「シハス」と読んでいたのを後から「師走」という当て字で表記したという説もあります。

又旧暦では
12月は梅が咲き始める季節という事で「梅初月」やそのままの意味の「春待月」などとも言ったそうです。

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る