やまとのスタッフブログ

寿陵ってどんな墓②


こんにちは
営業の川原田です。
 
寿陵のお話の続きです。
 
有名な吉田兼好の
「徒然草」に
 
nigaoe_yoshidakenkou
 
なんとあの有名な聖徳太子が生前に
お墓を建てた逸話があるようです。
 
syoutoku_taishi
 
また
「日本書紀」には
 
日本最大の
前方後古墳(大阪府堺市)を建てた
 
仁徳天皇が
 
「河内石津原(かわちいしつのはら)に
ゆかれて陵地(みさぎのところ)を定め
御陵(みささぎ)(天皇のお墓のこと)の築造を始めた」
 
という記録もあるようです。
 
ようするに
今から1500年以上もむかしから
 
日本には
生前にお墓をつくるという
「寿陵」の風習があったのです。
 
kofun_zenpou_kouenfun
 
さらに昭和64年1月に
昭和天皇がお亡くなりになり
 
2月24日の大喪の礼(天皇のご葬儀)の後
 
その日の夕方に
「武蔵野陵」(東京八王子)で埋葬が行なわれました。
 
新聞やテレビでは大きく
報道がされていなかったようですが
 
ご生前に御陵が造られていたから
可能だったそうです。
 
つまり古代から今日まで
「寿陵」の習慣は生きていたことになるんですね。
 
次回に続く
 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る