やまとのスタッフブログ

寿陵ってどんなお墓④


こんにちは
営業の川原田です。

寿陵のお話の続きです。

「生まれ清まり」

民俗学者で宮田登さんが
「生まれ清まり」という

setsubun_akaoni

奥三河の花祭り「シラヤマ」行事について
朝日新聞に次のような文をかかれているようです。

「畑の真ん中に白い御幣で覆われた建物がつくられ
クライマックスに鬼によって破壊される。

その建物の中には60歳になった村人たちが
前夜よりこもっている。

とび出てきた男女を見た人々は
あの人たちは神の子になったと喜ぶ。

これを “生まれ清まり” と称したのである。」
(以下略)

これは民俗学でいう「擬死再生」の行事です。

生きているうちに「死んだ」体験をし
あらたに「神の子」として「生まれ清まる」のです。

こうした体験をすると
人は「健康」で「幸福」になり「長生きをする」といわれてます。

それまでの人生にあった
「罪や病気など、すべての不幸を全部洗い流す」と信じられているからです。

寿陵墓

「小畠宏允著 寿陵ってどんなお墓より抜粋」

%e5%b7%9d%e5%8e%9f%e7%94%b0%e5%af%bf%e6%a8%b9

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る