やまとのスタッフブログ

寿陵ってどんなお墓③


こんにちは

営業の川原田です。

 

寿陵のお話の続きです。

 

還暦と赤いちゃんちゃんこの

話をします。

 

60歳になると

生まれた歳の干支が再びめぐってきます。

 

十二支(子・丑・寅など)と

十干(甲・乙・丙など)の組み合わせでそうなるのです。

thumbnail_eto_moji

これが「還暦」で

 

なんと3千年以上前から

中国で使われている暦の数え方です。

 

この還暦には

「長寿のお祝い」のほかに

 

「赤子にもどる=生まれ変わる」

という意味があります。

 

それで還暦には昔から

赤い「ちゃんちゃんこ」を着ます。

 

chanchanko_kanreki2

平均年齢が

20歳以上も高くなった現代では

60歳はまだまだ現役ですよね。

 

最近は恥ずかしくて

 

「赤いちゃんちゃんこ」

を着る人もまれなようです。

 

還暦の

「赤ちゃんに還る=生まれ変わる」とは

 

kusuguru_baby

 

生きているうちに還暦を節目に

一度死んでこれまでの人生をきれいに清算し

 

再出発することで

いわば今後の人生をよりよく過ごすための

すばらしい知恵なのです。

 

「寿陵」も同じで生前にお墓を建てて

 

「一度死にあらたに生まれ変わる」

ことが本来の意味のようです。

 

次回に続く

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る