やまとのスタッフブログ

家紋は大切な「家の印」です


こんにちは。佐々木です。

今日は急に暑くなって、ちょっとしんどいです。

 

家紋のルーツって???

唐突ですが、みなさんは自分の家の家紋をご存知ですか?

形はわかるけど名前はわからない。

そんな方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

もともとは、平安時代に牛車(ぎっしゃ)に

家の印をつけたのが家紋の始まりだそうです。

その後、戦国時代になると、意味合いが少しずつ変化していきます。

家紋は人から人へ譲られていくものになり、

とても名誉な事として扱われてきました。

足利義輝が、織田信長の父に桐の紋を譲り、

やがてその父から信長が桐の紋を譲り受けたそうです。

当時の家紋は現代と違って、とても大切で重みのある

ものだったんですね。

 

あの豊臣秀吉は天皇直々に菊の紋を授けられました。

菊の紋といえば皇族のシンボルですよね。

紋だけに、すごいもんです。(笑)

 

では、徳川家康はというと、江戸時代「士農工商」という

身分制度がありました。

そこで自分たちも家柄を区別しなければいけない

ということで、一般人も家紋を持ち始めました。

まさに江戸時代の身分証明の役割を持っていたようです。

「ひかえおろううう!このお方をどなたと心得る!!」

皆さんご存知の黄門様の紋はあまりにも有名ですよね。

 

より身近になった家紋

それでは明治時代以降の家紋の位置づけは

どうなるのでしょう。

身分制度がなくなり、徐々に家紋の意味合いも

薄れていきました。それはただ単に家のシンボルとなり、

一族のロゴマークのように日常の生活に取り入れて

いくようになりました。

喪服やお墓に家紋を入れるなど、昔と比べると、

よりポピュラーになりましたね。

 

このように家紋は一般庶民の「家の印」として位置づけられ、

どんどん種類が増えていきました。

同系の家は、宗家と分けるために原型はそのままにして

一部のデザインを変更し、工夫していったのです。

今では家紋は日本に20,000種類くらいあるそうです。

家紋の本を見ると、「えっ?これも家紋??」というのが見られ、

結構見入ってしまいます。

 

一言で「家紋」と言っても、植物を基本にしたもの、

動物を基本にしたものなど本当に様々です。

同じ苗字でも形が違ったり、家紋の本にも載っていない

ちょっと変わった家紋があったり、色々調べてみると面白いですよ。

さて、あなたの家の家紋は・・・何?・・・

 

営業部・佐々木隆夫

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る