やまとのスタッフブログ

大分研修④


大分県研修

 

皆さんこんにちは

営業部の川原田です。

 

照恩寺宝塔

 

この国東塔は

椿八幡宮にあったものが

 

明治初年の神仏分離令による

廃仏毀釈の際に倒されて放置されていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆国東半島独自の発展を遂げた宝塔です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆特徴のある相輪。一番上は珍しい火焔宝珠(かえんほうじゅ)型。
 

それを明治22年10月に照恩寺の

請負により現在地に移したものとされています。

 

この塔は1316年に建てられたと銘が彫られており

昭和25年8月に国指定重要文化財に指定されています。

 

 

五百羅漢

 

宇佐市江須賀にある東光寺には

喜怒哀楽の表情をした五百羅漢があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆圧巻です。一体一体の表情が豊かで個性的な羅漢です。
 
 
東光寺は

貞治元年(1362)に臨済宗として開山し

 

戦国の世を経て

寺跡だけになっていたのを

 

17世紀半ばに再興されたと伝えられており

その後、曹洞宗に改宗し現在に至っている寺院です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆一人の石工によって500体以上の石像を完成させたようです。
 

五百羅漢は安政6年(1859)

15代住職道琳が干害に苦しむ農民を救いたいと

 

当時著名だった

日出の石工に制作を依頼したことが始まりで

 

明治15年(1883)までの

24年間に渡って521体もの羅漢像を彫り上げました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆奥には16羅漢、ご住職様の歴代のお墓もあります。
 

石仏の一つ一つを見ていると

身近な人々や懐かしい人の顔を思い浮かべたり

 

自分にそっくりな顔をした羅漢像に会えるかもしれません。

 

また、本堂の裏には十六羅漢と珍しい仏足石もあり

五百羅漢と共に宇佐市の有形民俗文化財に指定されています。

 

次回に続く
 
川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る