やまとのスタッフブログ

大分研修②


皆さんこんにちは
営業部の川原田です。

 

岩戸寺

 

国東半島の中央にそびえる
両子山と文殊山の北東、国東町の北のはずれに位置する岩戸寺は

 

養老3年(719)に仁聞菩薩(にもんぼさつ)の
開創と伝えられる六郷満山末山(すえやま)本寺の一つでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆国東塔(くにさきとう)は国重要文化財に指定されています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆国東半島独自の宝塔で国東の地名をとって1914年に命名されました

全盛時には
山六坊、里六坊の十二坊を有し

 

六郷満山のなかでも
民衆教化・布教の地として重要な地位にありましたが

 

兵火に遭って
全山焼失した後衰退しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆背部に銘文があり文明10年(1478)に造立されたようです

 

満山寺院の特色である山寺形式をよく残し
本尊の平安後期のカヤの一木彫の本尊薬師如来像をはじめ

 

寺の裏手にある
高さ約3.3mの国東塔は国の重要文化財に指定されております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
◆石幢。六地蔵・阿弥陀三尊・閻魔大王が彫刻されています。
 

 

弘安6年(1283年)の銘があり
国東半島にある国東塔の中で最古と言われているようです。

 

また銘のあるものとしては
最古のものと言われる仁王像など

 

多くの有形文化財を残している寺です。

 

そして、今では少なくなった
『修正鬼会(しゅじょうおにえ)』(国の重要無形民俗文化財)が

 

成仏寺と一年交代で行なわれています。

 

次回に続く

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る