やまとのスタッフブログ

喪服は白?


 

 

こんにちは、大澤です。

 

大分、寒くなってきましたが

皆様のところはいかがでしょうか?

 

今回は、「喪服」です。

 

皆様は、喪服というと、何を連想しますか?

礼服、着物、紋付(紋服)等々・・・。

あとは、黒色。

 

喪服といえば「黒」ですが

なんとじつは、昔は「白」だったそうです。

「日本書記」などの古い書物には

当時は喪服といえば「白」だった、とあります。

 

それが、平安時代に法令で

「天皇は直系二親等以上の喪では、墨染めの色を着用すること」

と定められ、それをきっかけに貴族の間で

白い喪服が少しずつ広まりました。

 

ところが、室町時代になると、また「白」が復活します。

布を「黒」に染めるのは手間がかかりますから。

以後、庶民の間では長らく「白い喪服」だったそう。

 

明治になると、また「黒い喪服」になります。

明治維新をきっかけに、欧米の影響で「黒い喪服」が。

明治30年の皇室の葬儀で、国賓の目を気にして「黒」に統一され

皇室の喪服は正式に「黒」と決められたそうです。

 

戦時になると、一般庶民も汚れやすい「白」よりも「黒」を着るようになります。

そして戦後は急速に「黒い喪服」が広まったということです。

 

最近では、2012年、歌舞伎役者の中村勘三郎さんの葬儀の時

奥様が「白い喪服」を着ていたことが、話題になりましたね。

 

黒い喪服も意外と、新しい歴史だったのですね。

 

それでは、ごきげんよう。

s営業部・大澤隆則

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る