やまとのスタッフブログ

十五夜


こんにちは 小笠原です。
もう10月になってしまいました。
1年って早いですね。
9月30日は十五夜でした。
当日は、台風が近づいていてあいにくのくもり空
お月見が出来ませんでした。
我が家も当日は、月見だんごを準備しましたが
お供えする前に、子供達の胃袋に入ってしまいました。
毎年の事ですが、まともにお供えをした事がありません。
十五夜について、少しだけお話しします。
旧暦8月15日が「中秋の名月」で日本では古くから
お月見をしてきたそうです。
旧暦7月から9月を秋としてきたそうです。
旧暦7月から9月の真中 8月15日を中秋だそうです。
中秋の名月は、旧暦8月15日の夜に見える月の事を言うそうです。
もともと十五夜のお月様を鑑賞する習慣は、中国に由来するそうです。
中国・韓国・台湾では、中秋節として盛大に祝うそうです。
また、公休日となっているそうです。
子供の頃、十五夜になると村の子供達とススキを探しに出かけた
記憶があります。
十五夜に飾るススキは、葉っぱに白い縞々模様の付いたのでないといけないと
勝手に思い込み、いろんな所へ自転車で探しに出かけました。
子供達の行動できる出来る範囲は限られています。
そう簡単には見つける事が出来ません。
今でも、どこあたりに自生しているかわかりません。
結局どこにでも自生している、普通のススキで我慢していました。
でも、みんなで自転車に乗りあっちこっち走り回る事が
楽しかったのかもしれません。
日本には、昔からやられている行事があります。
子供達にも小さい頃から触れさせる事で
良い思い出が出来るのかなと思います。
また、これから自分たちが行事を、やっていくのかなと思います。
10月6・7・8日に墓石展示会を開催いたします。
今年中の建立、または来年の建立の方ご参考にでも構いません
一度は、ご来場して見てください。
小笠原

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る