やまとのスタッフブログ

十二支⑪


こんにちは、坂下です。
ようやく晴れの日が続くようになりましたね。
早く梅雨明けしてほしいですね。
ひと昔は、青森もこんなにジメジメしていなかったですよね。
今年の夏は、どうなるんでしょうか・・・

では、十二支の九番目「申」のことを取り上げますね。

申はサルを指します。サルは知能が高く、神の使いであると信じられてきました。よって、サルは賢者を象徴する動物となっています。

干支の猿にまつわることわざ等
・猿に絵馬
猿が馬の守護神とされていたことから、取り合わせのよいもののたとえ。

・猿に烏帽子
猿に烏帽子をかぶせたように、柄にもないこと、その人にそぐわない改まった言動などのことをいう。また、見かけばかりで、中身の伴わないことのたとえ。

・猿知恵
気が利いているようでも、実は浅はかな知恵のこと。まぬけな知恵。

・猿も木から落ちる
木登りの得意な猿でも、時には落ちることがある。その道に優れた人でも、時には失敗することがあるというたとえ。

・猿の尻笑い
自分のことを棚に上げ他人を嘲笑うこと。猿は自分の尻が赤いのがわからず、他の猿の尻を笑うということから。

・見ざる聞かざる言わざる
都合の悪いことや余計なことは、見ない、聞かない、言わないほうが良いということ。

・意馬心猿(いばしんえん)
走り回る馬や騒ぎ立てる猿のように、煩悩や欲望が激しく、心の乱れを抑えられないことのたとえ。

・猿猴(えんこう)が月を取る
猿が井戸に映った月を取ろうとして水におぼれたという故事から、身の程知らずの望みを持ったばかりに、失敗することのたとえ。

・沐猴(もっこう)にして冠す
沐猴とは猿のこと。猿が冠をかぶって気取っていても中身は猿だという意味から、見かけは立派だが、心が卑しく思慮分別に欠ける人物のたとえ。粗野な人間をあざけるときにいうことば。

次回は、酉の意味やことわざなどについてです。
uchidenokoduchi_eto09_saru

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る