やまとのスタッフブログ

写経と米粒


 

 

皆さんこんにちは。
営業部の平田です。

 

 

今回は写経と米粒についてです。

 

 

2kome

 

 

日本へ仏教が伝わったころ、お寺の三重塔や五重塔には
必ず仏舎利がおさめられていました。
鑑真和上は唐招提寺(奈良)に、弘法大師 空海は東寺(京都)に
中国から仏舎利を持ち帰っておさめたそうです。

 

 

でも本物の「仏舎利」は貴重で限りがあり、だれでも
簡単に手に入りませんでした。
インドでさえ640年ころには、「法舎利」といって、
仏舎利と同じ価値とされる「写経」を、仏舎利の代わりに
ストゥーパに収めて供養するのを三蔵法師 玄奘はインド旅行中に見ているそうです。
その習慣は今でも残っており、お墓に写経を納めたりしています。

 

 

中国や日本に伝えられた仏舎利は、大きさも色も
「米粒」に似ていたので、お米を大切にする農業国日本では
早くから、もみを仏舎利の代用としていました。
有名なのは室生寺(奈良)の弥勒堂で見つかった
三万七千三百基もの「籾塔」です。
高さ五センチほどの小さな木製の宝篋印塔の中に、
籾一粒(まれに二粒)がお経(宝筐院ダラニ)に
包んでおさめられていました。
今でもご飯のことを「シャリ」とか「銀シャリ」といいますが、
もとは仏舎利からでた言葉です。
それほど日本人になじみがあったのです。

 

 

それでは次回へ続きます。

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る