やまとのスタッフブログ

写経ってな~に③


こんにちは

営業の川原田です。

 

写経ってな~に

の続きです。

 

ちなみに「功徳」とは善い行いを積むことで

「解脱=完全なさとり」を得るための「福徳」が備わることです。

 

つまり善い行いを「貯金」することです。

 

そのうえ自分で貯めた功徳は

貯金と同じように亡くなった人の幸せのためや

 

他の人にもふり向けることができます。

他の人に融資できるのです。

 

これは大乗仏教をささえる重要な「回向」の考えです。

写経のほかに功徳をつむには、寺を造る、仏像を造る、卒塔婆を造る

三宝を供養する、などがあります。

 

追善のための写経

 

おシャカ様が説かれた教えの「経典」は

のちに経典そのものが信仰され始めます。

 

おシャカ様のお骨を納める仏塔を信仰するグループができたころです。

 

いえ「仏塔」や「写経」を信仰する

新しい仏教徒たちが「大乗仏教」を生み出したのです。

 

写経は中国や日本でも大々的に行なわれました。

当初の目的は記録です。

 

中国では後漢のころにはじまり

日本では天武天皇の白鳳二年(673年)に「はじめて一切経を川原寺に写したまふ」

とあり、飛鳥でお経の全集が書き写されました。

 

後に写経司(役職)や写経所(役所)がおかれ

国家事業となりました。

川原田寿樹

 

次回につづく

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る