やまとのスタッフブログ

先祖供養➂


こんにちは!弘前店の植田です。

 

今日も前回の続きで、「先祖供養」

仏教と先祖まつりの結びつき、についてお話します。

 

日本人とお墓シリーズ 小畠 宏允著

「先祖供養ってな~に」より

 

中国では三千年前の「殷」の時代には

「先祖祭祀」という大切な儀式がすでにありました。

先祖を祀ることは、現代中国になるまで、

国と家庭のとても大切な行事でした。

それが仏教の教えと結びついたのです。

 

『広辞苑』にあるように、インド仏教では、

仏・法・僧の「三宝」を供養することが

本来の供養でした。

だから「仏」であるお釈迦様の遺骨(仏舎利)と

そのお墓(ストゥーパ=卒塔婆)の供養が

あくまでも中心なのです。

 

人々はその供養をして功徳を積み、

それを亡き父母へ差し向ける(回向する)ことで

「死者供養」をしたのです。

 

ところが中国仏教になると、直接、

先祖や亡き父母を(霊廟で)まつる儒教の

「先祖祭祀」の考えが仏教に取り入れられ、

この大きな変化が日本に影響を与えます。

(日本人とお墓シリーズ「先祖供養ってな~に」参照)

 

次回は、「日本独自の先祖供養」です。

 

次回に続きます!

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る