やまとのスタッフブログ

先祖供養⑤


こんにちは!弘前店の植田です。

 

今日も前回の続きで、「先祖供養」

「地獄と追善供養」についてお話します。

 

日本人とお墓シリーズ 小畠 宏允著

「先祖供養ってな~に」より

 

お釈迦様のころにはなかった教えが、

その後でてきました。「六道輪廻」や「地獄と極楽」などです。

人が亡くなると、次に生まれかわるまでの四十九日間は、

七日ごとにあの世(冥府)の七人の王による裁判を受けて、

次に生まれる世界が決まる、というのです。

そのために生前の善業と悪業を判定します。

もちろん最善の人は裁判なしに極楽へ直行できますが、

極悪非道の人もまた裁判ぬきでそのまま地獄へ堕ちます。

ところが中善・中悪の人の行先は、天界・人間界・阿修羅界

餓鬼道、畜生界、地獄の六つの世界(六道)があります。

この六つの世界をくり返し無限に

生まれ変わることを「六道輪廻」といいます。しかし、

極楽へ往くともう輪廻はありません。これが「解脱」で、

輪廻からの解放です。

 

冥界の王たちは、さまざまな方法で生前の行いを

突きつけて死者をきびしく責めますが、最後にかならず、

遺族による「追善供養」のことをしらべます。

追善供養によって、あの世(冥界)や六道のどこかへ

生まれ変わって苦しむ故人を救うことができるからです。

人が亡くなって、四十九日、百ヶ日、一周忌、三回忌は

みな儒教の習慣で、先ほどの『礼記』に出ています。

ただ百カ日は中国になく、死後百日目くらいが「卒哭」の日に当たり、

日本でこれを「百ヶ日」といったようです。

日本人とお墓シリーズ「先祖供養ってな~に」参照)

 

次回は、「追善供養はどれくらい効き目があるの?」です。

最後までご覧頂きありがとうございました!

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る