やまとのスタッフブログ

先祖供養②


こんにちは!弘前店の植田です。

 

今日も前回の続きで、「先祖供養」

インド仏教の卒塔婆供養についてお話します。

 

日本人とお墓シリーズ 小畠 宏允著

「先祖供養ってな~に」より

 

そこでインド仏教の死者供養ですが、

まずお釈迦様のお骨(仏舎利)を納める

ストゥーパ(卒塔婆)に花やお香を供えて

供養・礼拝して、自分の功徳を積みます。

その功徳によって亡き父母たちの

あの世での幸福を祈ったのです。

 

中国仏教と先祖祭祀

中国に仏教が伝わり、

サンスクリットの「プージャ」という

言葉が「供養」と訳されましたが、じつは中国では、

仏教が入る前から「供養」という言葉が

儒教の書物の中にあったのです。

 

お釈迦様が生まれる前の、

紀元前二千五百年ころにできた『礼記』には、

朝廷がお年寄りや障害のある人たちを

扶養することを「供養」といっています。

また、紀元八〇年ころできた『漢書』では、

先祖の霊廟に供物を供えることを「供養」

といっています。

(日本人とお墓シリーズ「先祖供養ってな~に」参照)

 

次回は、「仏教と先祖まつりの結びつき」です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る