やまとのスタッフブログ

先祖供養①


こんにちは!弘前店の植田です。

最近、蒸し暑くなってきましたね。

外出時もそうですが、

室内でも熱中症になることがあるそうです。

皆様、しっかり水分補給をして

暑さ対策なさって下さいね。

 

さて、今回は「先祖供養」についてお話します。

 

日本人とお墓シリーズ 小畠 宏允著

「先祖供養ってな~に」より

 

多くの方が供養というと

「先祖供養」の意味で使っていると思います。

同じような供養に

「追善供養」、「卒塔婆供養」があります。

 

インド仏教の卒塔婆供養

 二千四百年ほど前、お釈迦様が八〇歳でご臨終の時、

弟子たちに最後の説法をされ、

「私の遺骨の供養(崇拝)には、

お前たちはかかわるな」と言われました。

 

それから葬儀の方法を説かれ、

「火葬のあとストゥーパをつくり花輪・香料を

ささげて礼拝するなら、長いご利益と幸せがある」

といわれました。

 

そこで信者の王たちによって仏舎利は八つに分けられ

その後二百年のあいだに八万四千の塔廟、

つまりストゥーパ(卒塔婆)が建てられました。

残された在家の信者たちは石柱や欄干の石を寄進し

いつしかお坊さんも熱心に卒塔婆を供養し礼拝し始めたのです。

(日本人とお墓シリーズ「先祖供養ってな~に」参照)

 

次回に続きます。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る