やまとのスタッフブログ

供養のカタチ


こんにちは西村です。

今年は猛暑になりそうな予報がでていますね。

コロナの影響でマスクをしながらの生活なので

なかなか厳しい夏になりそうです。

 

最近、遠方の方からお墓じまいと月見野合葬墓への改葬

という相談が増えています。

その一例をご紹介させていただきます。

関東にある樹木葬に改葬される方でした。

unnamed-file-2-1024x723

代々継承されたお墓でしたので、お骨もかなりです。

本来はすべて引っ越ししたかったようですが、樹木葬では

一体〇十万なのでその方は百万以上の金額になってしまいます。

そこで、直近のご両親のお骨だけ樹木葬へ、残りの方は合葬墓へ

という結論になりました。

合葬墓という事で、ご先祖様に申し訳ないのでは?

と思われたご家族の方も居たようですが、私たちのような

仏壇やお墓の仕事をしていますと、どういう形であれ

今後の供養のために、お考えになることは、決して悪い事では

ないように思います。

 

霊園で、荒れたお墓を見ることもありますが、継承者が

いないということがとても忍びなく、将来のことを考え

お墓じまいを決断するというのもある意味供養と私は考えます。

 

現在はいろんな供養のカタチがありますが、それぞれに合った

ご提案ができるようにしなければと思います。

 

やまと石材では多くの終活カウンセラー及び墓石ディレクターが

在籍していますので、なんなりとご相談下さいませ。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る