やまとのスタッフブログ

仕事納め


みなさん

こんにちは川原田です。

 

本日12月26日は

やまと石材の仕事納めの日です。

 

ほんと

一年ってあっという間ですね。

 

皆さんは

どのようなお正月をご計画されていますか。

 

私は、自宅で

まったりと過ごす“巣ごもり正月”を計画しております。

 

ある消費者調査によると年末年始の予定について

「出かけず家で過ごす」と答えた人が64%で昨年に比べ28ポイントも増えたそうです。

 

お正月といえば

家族・親族が一堂に会する家庭も多い中「帰省しない」と答えた人が68%。

 

これはコロナの影響で

帰省したい気持ちはあっても、家族への配慮を優先した結果となりました。

 

withコロナで

一人一人の行動が試されている今、一日も早い終息を願うばかりです。

 

 

弘前 (3)
◆弘前店は今年も沢山のご来場を頂きました。ありがとうございました。
 1月2日より新春初売りを開催します。是非皆様のご来場お待ちしております。
 

弘前 (4)
◆窓ガラスの汚れって案外目立ちますよね。これで店内も明るく綺麗に!
 

弘前
◆新春初売りに向けて丁寧にお墓の拭き掃除です。気持ちが入ります。

 

 
さて

来年の干支は「辛丑(かのとうし)です。

 

どのような意味があるかと言いますと

 

「辛」は

“草木が枯れ、新しくなろうとしている状態”

 

「丑」は

“種から芽が、出ようとしている状態”、という意味があるようです。

 

なんかいいですよね、新しい出発の兆しを感じます。

 

コロナ禍ではありますが

前向きに、でもがんばり過ぎず

 

毎日の暮らしを少しでも

安心・快適に過ごせるよう工夫していきたいものです。

 

 

Skype_Picture_2020_12_26T01_17_31_330Z
◆鏡は汚れが目立ちます。これは職人である業務課の仕事。手際よく安心です。
 

Skype_Picture_2020_12_26T01_17_23_395Z
◆神棚は一番緊張します。そーっと。慎重に。
 

Skype_Picture_2020_12_26T01_17_16_028Z
◆新春初売りに向けて紅白幕も丁寧に取り付けます。

 

 
今年もお陰様で

たくさんのお墓づくりに携わる事ができました。

 

そしてたくさんのお客様から

「お墓の在り方」「お墓の意味」「お墓って何なんだろう」と

 

今一度

考えさせられた貴重な一年となりました。

 

本当に

ありがとうございました。

 

来年も

地域一番店として

 

お墓づくりの、プロとして

 

きちんと

お客様と真摯に向き合いながら

 

より良い

お墓づくりのサポートをして参ります。

 

新しい年が皆様にとって

最良の年でありますことを、心よりお祈りいたします。

 

Skype_Picture_2020_12_26T01_32_35_043Z

川原田寿樹
◆皆様、良いお年を

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る