やまとのスタッフブログ

仏像あれこれ②


こんにちは。
青森本店営業部の宮崎です。

突然ですが、皆様仏像はお好きでしょうか?

あたたかい・・・

やさしい・・・

こわい・・・

など、仏像に対するイメージも人それぞれだとは思います。

仏像は私たちより、長い時を経験し

その時代時代の人々の想いがギューっつと凝縮されている気がします。

なので、仏像を見ると感動したり不思議な感覚を覚えたりするのではないでしょうか?

そんな仏像の魅力をお伝えするべく、シリーズでお届けしたいと思います。

 

第2回目は・・・・「鼻」です!!

ことわざに
「彩ずる仏の鼻を欠く。(さいずる ほとけの はなをかく。)」とあります。
意味は
「もっと良くしようと思い、細かな所まで手を加えているうちに、 大切な部分を壊してしまう事のたとえ。」

 

ということわざがある様に、仏像にとって”鼻”は重要になります。

呼吸をするから?

いいえ。それよりももっと重要なのは”におい”です。

 

仏様は私たちの様に1日3回ご飯を食べることはありません。

その代わり”香のにおい”を食べるのです。

 

その為、仏にとって”鼻(の穴)”は重要です。

代表的な仏像ですと“奈良の大仏”は

左右に鼻の穴が中に中に3つづつの穴が開いています。

 

ビックリ!!

 

多くの参拝者が訪れる訳ですからその人々を救うためにも、

いっぱい食べて力を付けなくてはならないからでしょうか?

 

そういう風に考えながら手を合わせるのも

仏像を身近に感じる1歩かもしれません。

 
ただ、私が思う仏像の拝観で一番大事なことは

「Don’t think, feel!」(考えるな!感じろ!!)

に尽きると思います。

是非そこにある仏像の歴史や積み重ねられた人々の想いを感じてみてください。

 

101db00fda80c890e7643b7852e48753-130x150

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る