やまとのスタッフブログ

今日は何の日?


 こんにちは。佐々木です。
2月も半ばを過ぎ、雪かき作業も先が見え始めた頃ではないでしょうか。
 さて今日の話題は、いつもの現実世界からちょっと離れて、
旧約聖書(ユダヤ教およびキリスト教の正典)のお話です。
 唐突ですが、皆さん今日(2月17日)は何の日かご存知でしょうか?
実は、あの旧約聖書に出てくる「ノアの方舟」の洪水が起こった日なんですよ。
などと物知り顔で話してますが、私も今調べてわかりました。
 主なる神は人々が悪を行っているのを見て、人を創造した事を後悔し、
これを滅ぼそうと考えました。
しかしその中で「神に従う無垢な人」ノアとその家族は生き延びさせようと
考えたのです。そこでノアに大きな船の建設を命じ、家族と全ての動物の
つがいを方舟に乗せました。
その7日後、大雨で洪水が起きたのがノアが600歳の時の第2の月、
17日だったそうです。その後40日間雨が降り続き、1年後の
第2の月の27日に地面が乾いたということです。
方舟に乗っていたノアや家族、動物たちはこうして生き延びました。
 まだまだ逸話は続きますが、実に壮大な物語ですよね。
ノアが600歳ということ自体想像をはるかに超えています。
 私が小さい頃、水曜(ん?金曜?)ロードショーという映画番組で
「天地創造」という映画を観たことがあります。
 眠い目をこすりながら、迫力ある映像で最後まで見入ってしまいました。
この「ノアの方舟」のシーンもうる憶えではありますが、記憶の片隅に
残っております。
あまりにも強烈な印象で、数年前思わずDVDも買ってしまったほどです。
s-DSCF1740.jpg
◇これがノアの方舟です。実物大(?)だそうです。
  
 その他にも有名なところでは「バベルの塔」などなど・・・、
当時純真だった(???)私の心を揺さぶるものばかりでした。
 普段お墓づくりに携わる私としては、仏教の開祖、お釈迦様(仏陀)の
物語に興味を持たなければならないのですが、映像にするとやはり
キリスト教の方がスケールが大きいいですね(アメリカ映画の演出?)。
 もちろん私たちも三内のキリスト墓地を始めとして、キリスト教のお墓も
たくさん建てさせて頂いております。
 それにしても、何気なく過ごしていた2月17日がこんな凄い日だったなんて!
 この時期青森は大雨どころではなく、大雪の季節ですものね。
 神様~早く春を連れて来てくださ~い!!
s-blog佐々木

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る