やまとのスタッフブログ

今年は無いですが・・・


設計課の山本です。

7月に入りまして、例年であれば「ねぶた祭」関連のニュースが
テレビなどでも連日流れて来る頃なのですが、今年はコロナの
影響で中止が決まり、なんか気の抜けたような夏になりそうです。

そんな中、昨年に続いてねぶたのお墓のお話です。

昨年はお墓全体でねぶたをイメージしたものでしたが、今回は
お墓の正面はめ込む板にねぶたを影彫りで彫刻しました。
それも赤御影石です。影彫りはだいたい黒系の石がほとんどですが
今回初めて赤御影石に彫刻していただきました。

線が目立たないのではないかと心配しましたが、写真の
ようにはっきりとした線が出ています。

A-2020059吉崎家 竿正面 (1)

この影彫りの原画は、亡くなられた奥様が親交のあったねぶた師の方から
描いていただいたねぶたの下絵です。

想像以上に迫力のある仕上がりとなりました。

また、お墓には小さな太鼓も設置されているのですが、それはまた別の機会に
ご紹介します。

山本

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る