やまとのスタッフブログ

コメ粒知識27 石でできた美術館


 

角川武蔵野ミュージアムの試験営業が2020年8月1日に始まり

11月6日に正式に開店しました。

美術館、図書館、博物館が融合した文化複合施設で

埼玉県所沢市にあります。

 

浄水所の跡地を利用した街づくり計画の

クールジャパンフォレスト構想「ところざわサクラタウン」の中で

文化施設、宿泊施設、書籍製造・物流などが集合しています。

 

角川武蔵野ミュージアムは3つの文化複合施設というだけでなく

その外観も非常に特徴的です。

沢山の石のタイルが多面的な外壁を形成し

全体を見ると建物自体が巨大な一つの岩にも見えます。

木材を多用した国立競技場も手掛けた

建築家の隈研吾さんが設計しました。

 

写真で見ると内部の図書館は

外観の石とは真逆の温かみのある木でできていて

本棚や通路の配置の工夫で圧倒されるほどの

広い空間を体験できるようになっています。

一度見てみたいのですが今は我慢して

ネットの写真で妄想旅行です。

 

PC

所沢市イメージマスコット
トコろん(友情出演)

 

気になる方は検索してみてくださいませ。

ではまた豆知識ならぬコメ粒ほどの知識を紹介します。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る