やまとのスタッフブログ

キュウリとナスの盆飾り


こんにちは。佐々木です。

今年の夏は異常気象で「猛暑・酷暑」の連続でした。

青森は「ねぶたが終われば秋風が・・・」とよく聞きますが

まだまだ暑い毎日が続きそうですね。

決して過信せず、こまめな水分補給を心がけたいと思います。

 

さて今回は、お盆直前!まわりにちょっと自慢したくなる、

お盆ならではの豆知識をお話ししたいと思います。

 

お盆によく見る「アレ」は何!?

お盆と言えば、祖霊をお招きし、ご先祖様に感謝を

こめて祭る日本の大きな行事です。

そんな中で皆さん、いわゆる盆飾りで

キュウリとナスに割り箸を刺して飾ったことは

ありませんか?

私が子供のころ、当たり前のように飾っていたのですが

今思えば「あれは何??」という感じです。

でもこれにも深~い意味があったんですね。

 

ご先祖様への思いを込めて

まずは、キュウリとナスの形を思い浮かべてみてください。

キュウリは「馬」、ナスは「牛」を表しています。

名前は精霊馬(しょうりょうま)と言います。

お盆にはご先祖様を我が家にお招きし、盛大に祭る行事。

早く家に帰ってきて欲しいという思いから

足の速い「馬」を見立ててキュウリを使用します。

また逆にご先祖様が帰る時は

足の遅い「牛」を見立てたナスを使用します。

また、力強い牛にはより多くの供え物を乗せて

帰ってもらいたい!という思いも込められているようです。

 

ただし、地域や宗派によっては

「ゆっくりお迎えしたいので、迎え盆にナスの牛をつくり、

送り盆には迷わず帰ってもらいたいという

願いからキュウリの馬をつくる」

ということもあるそうです。本当に様々ですね。

こうして考えるとお盆のひとつひとつの飾りにも、

ご先祖様に対する思いが伝わるようです。

 

今ではあまり見られなくなったキュウリとナスですが、

今年は皆さんのお宅でも飾ってみてはいかがでしょうか。

お子さん、お孫さんと一緒に意味を教えながら

作ってみるのもいいですね。

 

blog個人写真(佐々木)

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る