やまとのスタッフブログ

エンディング産業展


皆様こんにちは、

ご無沙汰をしておりました。

今回は、三浦が担当させていただきます。

 

先月下旬、まだたっぷりと残暑が厳しい、

というより、夏真っ盛りの東京へ出張してきました。

 

東京ビックサイトで開催される

「エンディング産業展」と「ジャパンストーンショー」

の視察が目的です。

 

三日間にわたって開催されたのですが

のべ25000人ほどの来場があったようです。

 

初日は受付で長蛇の列、事前申し込みを

していたにもかかわらず、

入場まで40分ほどかかってしまいした。

IMG_5782

今年で3度目の開催になりますが、

年々来場者が増えているようです。

 

「エンディング」、結末とか終わりの意味ですが、

つまりは「死」のことですよね。

 

会場は、死のイメージとはかけ離れ

とても明るく、何か華やいだ雰囲気さえあります。

 

石材業者や葬儀関連会社の出展が中心になりますが、

行政書士による葬儀後の相談窓口や、ネット葬儀を

取り扱っている業者など多岐に渡ります。

 

ある葬儀会社のブースで、

入棺体験なるものがありました。

二つの棺桶が置かれてあり、

実際に入ってみて、どちらがいいかアンケートを

お願いしたいとの事でした。

入ってみてください、といわれましたが、

閉所恐怖症の私にとりましては

ちょっと抵抗感が・・・・・。

IMG_5789

かと思えば、宇宙への散骨を提案している

宇宙バルーン葬。

 

はまたま、ネットでお坊さんを紹介するサイトも。

これは、お布施や戒名などの金額が明記された

価格表!まで用意されていました!

時代ですね~。

 

あるコーナーでは

「美坊主コンテスト」なるものが開催されていました。

和尚さんの見た目はもちろん

立ち振る舞いや姿勢などで、美を競うのだとか?

 

なにはともあれ

エンディングや終活などの言葉を

耳にする機会が多くなっています。

 

自分の死にしっかりと向き合う人が

増えてきているのでしょうか。

 

それに伴い、

葬送の形も多様化してきているようです。

 

仏事に携わるやまと石材としては、

今後ますますさまざまな提案を

心がけてゆかなくては、との想いを新たにしました。

 

どんなことでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

googlephoto

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る