やまとのスタッフブログ

インド研修その2


みなさんこんにちは
川原田です。
では
インド研修の報告を引き続きお伝えいたします。
現地2日目は朝5時起床。
早朝のガンジス河の沐浴をボードで見学することに。
前回も少し触れましたが
ヒンドゥー教徒にとって、ガンジス河は聖なる河です。
1_20140710140140b5f.jpg
◆早朝にも関わらずたくさんのヒンドゥー教徒の方がおりました。
ガンジス河で沐浴をすれば
今までの罪が全て洗い流されると言われている為
インド全土からたくさんの巡礼者がこの地へやってきます。
2_20140710140436f26.jpg
◆これが聖なる河、カンジス河です!
そして
ヒンドゥー教徒はここで死に
遺灰がガンジス河に流されれば
輪廻からの解脱を得られると信じているからだそうです。
4_20140710140753d70.jpg
◆沐浴風景。ここで願いを込めてお祈りをします。
7_20140710141523701.jpg
◆聖なる河でお洗濯(汗) 
ヒンドゥー教徒にとって
まさにガンジス河は至高の死に場所として考えられているんですね。
少しここで
コーヒータイム。
インドは
皆さんご承知のとおり仏教発祥の地ですよね。
しかし今現在
インド人の大半がヒンドゥー教徒で占めております。
仏教を信仰している人口は非常に少なく
1%未満だと言われているそうです。
えっ!そうなの?
と思われた方もいるかもしれません。
ヒンドゥー教徒80.5% 
イスラム教徒13.4%
キリスト教徒2.3%
シク教徒1.9%
仏教徒0.8% 
ジャイナ教徒0.4%
(外務省HPより参照)
この事実を知って
少し寂しいようなとても複雑な心境でしたが
歴史を紐解いていくと
さまざまな原因がありそうです。
ここでは省略しますが
仏教よりヒンドゥー教の方が
一般庶民に受け入れやすかったんでしょうね。
話を戻します。
沐浴見学後
お釈迦様のお墓(ストゥーパー)がある
サンチーに向うことに。
5_20140710141751344.jpg
◆インドで講義。小畠先生この度は本当にありがとうございました。
移動手段は寝台列車。
時間にして約16時間の長い道のり(トホホ)
8_201407101422573f7.jpg
◆列車内での私。少し疲れ気味?
座席に勝手に座り込んでくるインド人はいるわ
冷房が効き過ぎで全く寝れないなど
おまけにトイレにはトイレットペーパーがなく
そのことに気づくのが遅くて〇〇で拭いたとか(苦笑)
10_2014071014225853c.jpg
◆夕食のお弁当。贅沢は言ってられません!!
この先いったいどうなるんだろうと少し不安を抱きながら
インド研修の2日目が終わりました。
川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る