やまとのスタッフブログ

インド研修⑨


皆さんこんにちは
営業の川原田です。

 

インド研修の続きです。

 

迎仏の塔(チョーカンディー・ストゥーパ)

 

サールナート僧院跡に向かう道中
僧院跡の手前約800mにあるのが迎仏の塔です。

 

1

 

お釈迦様が苦行を捨てられ
スジャータが供養した乳粥を召し上がられた時

 

一緒に修行をしていた5人の仲間は

 

「彼は苦行に絶えきれなくなり堕落した
彼を捨てて私達だけで修行を続けよう」と

 

2

 

お釈迦様の元を離れてこの地で修行をしていました。

 

悟りを開かれたお釈迦様は
最初の説法を修行仲間であった5人にしようと

 

この地を訪ねられた際
最初に出会った場所に仏塔が建立されました。

 

3

 

 

現在は仏塔の形は崩れており頂きには
16世紀に建てられたイスラムの八角形の塔が印象深くなっています。

 

この仏教聖地は
鹿野園(ろくやおん)と呼ばれています。

 

それはお釈迦様が
「鹿の多く住むところで悟りを開いた」というのが由来のようです。

 

因みに奈良県に
鹿野園町(ろくやおんちょう)という地名があります。

 

これは
お釈迦様が上記で述べたように

 

鹿の多く住むところで悟りを開いたとされる
伝承・及びその仏教聖地「鹿野園」にちなむ形で

 

奈良時代に日本へ渡来たインド僧
「菩提僊那(婆羅門僧正)」が

 

この地に「鹿野園」と
名付けたとされており相当な歴史を持つ地名となっています。

 

次回続き

川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る