やまとのスタッフブログ

インド研修④


皆さんこんにちは
営業の川原田です。

インド研修の続きです。

 

インドには前回ご紹介しました
お釈迦様のお墓以外にも見どころがたくさんあります。

 

今回ご紹介するのはエローラ石窟群です。

 

1
◆遠目からの外観。圧巻です。
 
 
 
2
◆細かい細工が施さている。
 
 
 
3
◆とてもリアルな彫刻。
 
 
 
4
◆上から下へ掘り下げて造っています!
 
 
 

エローラ石窟群は古代三大宗教
「仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教」の石窟寺院が一同に会する、世界で唯一の場所です。

 

5世紀から10世紀にかけて、500年にわたって
仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の寺院や僧院が造られました。

 

幅2kmに渡って、垂直な崖に34の石窟寺院が掘られており
仏教12窟、ヒンドゥー教17窟、ジャイナ教5窟となっています。

 

最大の見どころは、何といってもカイラサナータ寺院です。

 

高さは33mもあり、有名な「石の遺跡」である
アンコールワットやエジプトのピラミッドにも匹敵する迫力があるといわれております。

 
5
◆人の大きさと比較して迫力がある。一つの石で繋ぎ目が一切ない!
 
 
 
6
◆像が建物を支えているイメージ。
 
 
 
しかも、通常このような石の遺跡は
石を積み上げて寺院を造るのが一般的かと思いますが

 

このカイラサナータ寺院は、なんと
岩盤を上から下に掘り下げて造った寺院だという点です。
ですからカイラサナータ寺院には、石の継ぎ目がないんです!

 

全てが一つの岩からできているのです。

 

カイラサナータ寺院とは
その名の如くカイラス山(須弥山、シヴァ神の棲んでいる山)を模してつくられています。

 

アンコールワットや、世界最大の仏教遺跡である
インドネシアのボロブドゥール遺跡もカイラス山をイメージして造られた寺院です。

 

寺院の岩にはノミの跡がたくさん見られます。僧侶たちが「ノミ」と「ツチ」だけで
150年かけて造ったようです。

 

カイラサナータ寺院の壮大さと
繊細な技術には言葉もないほどの感動を覚えました。

 

エローラ石窟群には
仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教の3つの宗教が

 

対立することなく
一つの場所で共存しているのがエローラ石窟群の特徴です。

 

世界的に見ても大変珍しい遺跡のようですが
当時のインドの他宗教に対する寛容さを感じることができました。

 
 
川原田寿樹
続き

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る