やまとのスタッフブログ

インドの二つのお墓


 

 

皆さんこんにちは。

営業部の平田です。

 

 

今回は インドの二つのお墓について です。

 

 

India2

 

 

インドには「ストゥーパ」のほかに「チャイティヤ」

というお墓もあるそうです。

漢字で「支提」と書きます。

卒塔婆と支提の違いは仏舎利がおさめられているかいないかです。

もちろん仏舎利がおさめられている方が卒塔婆(塔)です。

 

 

中国ではお骨のない先祖の霊は「霊廟」でおまつりします。

霊魂の宿る新主(日本の位牌)を祀る建物です。

それで「支提」を「廟」と理解していました。

でもインドの支提は「霊廟」ではありません。

おしゃか様ゆかりの聖地や石仏のある石窟などに支提を建てて、

その遺徳を礼拝、供養するためのものでした。

日本ではお骨のないお墓を「供養塔」と呼んでいます。

もとの意味は「本尊をおさめて供養し、あわせて亡き人も供養する」

もので、「塔」というより「供養碑」方が適切です。

平安後期には仏教のお墓=石塔はすべて「供養塔」になり「仏塔」になるからです。

 

 

それではまた次回。

 

 

 

 

 

小畠宏允 日本人とお墓シリーズ「石塔ってな~に」より

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る