やまとのスタッフブログ

また、また、 施工部に!


こんにちは、大澤です。
だいぶ、ご無沙汰しておりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
青森市は、夏まつりの「ねぶた祭」とお盆をすぎますと
めっきり涼しくなり、朝晩はちょっとさむいくらいになりました
日中はまだ暑いのですが。
これから、残暑はどうなるのでしょうか?
えー、今回はまたまた、環境石材部の案件のお話です。
少し前のことなのですが、青森市の浪岡地区に新しく道路を
開通することになり、開通前に橋梁を事前につくるということで
こちらに橋に親柱を建立させて頂きました。
sIMG_3605.jpg
 
この親柱は、だいぶ前にお話を聞いたのですが
ようやくかたちとなりました。
そもそも、親柱とは、なんなのでしょうか?
ネットで調べてみますと
コトバンクや大辞林では
【高欄や階段の手摺りなどの両端や曲がり角に立つ太い柱】
とあります
 それだけ・・・・・・?
親柱には、その橋の名称や橋の架かる河川の名称が
明記してありますが、それだけの役割なのでしょうか?
仕事がら、橋を通るときは、親柱をついつい、見てしまいますが
最近は、親柱の無い橋もけっこう見受けられます。
やはり、親柱があるほうが、景観が引き締まって
見栄えがいいと思うのですが・・・・。
まぁ~設置場所等の制約があり親柱を置けない
という場合もあるのでしょうが。
やはり、ちょっとさみしい気もいたしますね。
今回の親柱も例にもれず、何度もデザイン試案をしたうえで
このデザインとなりました。
sIMG_3561.jpg
ちょっと見は、なんのデザインなのか
解らないとおもいますが
これは、なんと!
浪岡のマスコットキャラクターの「バサラくん」を
モチーフにしているのです。
sIMG_3559.jpg
夏の暑い中、お墓の建立工事で忙しい中
当社の施工部に、また無理を言って、施工を頼みました。
(本当に突然の依頼にも迅速に対応してもいらいました)
sIMG_3560.jpg
道路が開通していませんので、橋と親柱は目にすることは
まだ、先のことになりますが
もし、青森市浪岡に行くことがありましたら
是非、ご覧になって下さい。
浪岡にあります「青森市中世の館」の近くです!
よろしく!
大澤写真

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る