やまとのスタッフブログ

ぶつだん物語


こんにちは西村です。

今回はあるご家族の仏壇物語を紹介させていただきます。

 

『17週と2日で産声をあげないまま、息子を亡くしました。

納骨することも出来ず、骨壷をとりあえず部屋に置いたまま。

 

主人と散歩中、偶然にも仏壇店の前を見つけ思いつきで

店内に入りいろいろ見せてもらいました。

店員さんが

「遺骨を仏壇に納め、いいお正月を迎えませんか?」

この言葉が「とりあえず」にしたまま止まっていた私たちの

心を動かしました。

「生まれるはずだった息子を家族として迎えよう」

そう決意できた。

 

お位牌や戒名があるわけでもない。

読経をするわけでもない。

でも仏壇の前に座って手をあわせるだけでとても心が

穏やかになりました。』

693

このようなお話です。

亡き命を祀ること、祈ることが家族の救うのだとつくづく

感じたお話でした。

 

やまと石材では、お仏壇はもちろん、手元供養の

商品も展示しております。

bd03bl_img01

ご来店をお待ちしております。

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る