やまとのスタッフブログ

ねがいごと


こんにちは。坂井です。

暖かい日が続いて、もう今季は雪が積もらないのでは?

と、安易に期待してしまう今日このごろです…。

 

 

受験シーズンに入り、

先日は最後のセンター試験が行われましたね。

初詣に出掛けた神社には、

今年もたくさん合格祈願の絵馬がかけられていました。

 

 

 

何気なく見ているこの「絵馬」には馬が描かれています。

 

 

 

日本では古くから、神様が馬に乗って

人間の住む俗世界に降りてきた、という伝説があるそうです。

 

 

 

自分たちの先祖も馬に乗って“この世” に帰ってくると信じられていたため、

お盆にはきゅうりに割り箸などを刺して、

馬の形に似せた飾り(精霊馬)を作ってきたようです。

 

 

 

奈良時代の「続日本紀」には、神様に生きた馬を奉納して祈願したと

書かれているそうですが、

実際に生きた馬を奉納するのは経済的負担が大きすぎるので、

馬型という、土や木で作った馬を奉納するようになり、その後、

現在のような板に描いて奉納するようになったのが起源だそうです。

 

 

 

現在では、受験生が全国にある天満宮に出掛けて、

合格祈願の絵馬を奉納する習慣が盛んになっています。

 

torii

 

 

〇〇年前に、湯島天満宮に合格祈願に行ったことを

今、ふと懐かしく思い出しました。。。

 

 

 

(日本のしきたり/飯倉晴武 編著/参考)

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る