やまとのスタッフブログ

お雑煮もいろいろ


 

あけましておめでとうございます。

営業部の平田です。

とうとう2019年がスタートしましたね!

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

さてお正月といえば、何を思い浮かべるでしょうか?

初詣や初夢、お年玉、書初め、おせち料理、鏡もち…

たくさんありますね。

今回はお雑煮について少し調べてみました。

 

 

2syougatsu_ozouni

 

 

皆さんのお家のお雑煮はどんなお雑煮ですか?

お餅は丸餅ですか?

それとも切り餅ですか?

味付けは醤油ですか、味噌ですか?

お雑煮は地域によって千差万別です。

地域によって違いがあるってとてもおもしろいですよね。

 

 

お雑煮は神様にお供えしたお餅をさげて、神様のご利益をいただく

という意味があるそうです。

お雑煮の歴史は古く、諸説ありますが室町時代から始まったと言われています。

個人的にそんなに古い時代からお雑煮があったことに少し驚きました。

武士の間で広まった文化ですが、江戸時代に入ると一般の人にも広まったそうです。

この頃には、丸餅と切り餅の違いや、醤油や味噌の味の違いが東西であったそうです。

 

 

では地域によってどのような違いがあるのでしょう?

まずはお餅について。

一番多いのは焼いた切り餅だそうです。

わたしの家も焼いた切り餅のお雑煮です。

関西地方は丸餅が多く、丸、円から「円満」の意味があるとのことです。

一方、お餅を入れない地域もあり、サトイモや豆腐やすいとんなどを入れるそうです。

 

 

次につゆです。

全国的にすまし仕立てが一番多く、次に合わせ味噌仕立てが多いそうです。

その他にも小豆汁仕立ての地域もあるとのことでした。

 

 

北海道では、明治から大正にかけて全国から移住者が増えたため

近隣地域や近所の家と異なるお雑煮が点在しているそうです。

その他地域で違うお雑煮について調べました。

・岩手県の三陸海岸地方では、醤油仕立ての雑煮にクルミをすり潰して作ったタレを

添えて、このタレに雑煮餅をつけて食べるそうです。

・島根県や鳥取県の一部では、小豆汁にお餅を入れた「小豆雑煮」を。

また出雲の広い範囲ですまし汁に十六島海苔など海苔をのせて食べるそうです。

・京都のお雑煮は、白味噌仕立てで、丸餅は焼かずに炊いておくそうです。

そしてアワビ、ナマコ、大根、親イモ、子イモ、昆布、開き牛蒡を入れます。

コンブはヨロコブに通じ、親イモは出世、子イモは子孫繁栄、大根は根を張って

安定した生活、開き牛蒡は開運を願っています。

材料が溶け込みこってりと甘く、京雑煮独特の味だそうです。

・岩手県や富山県の一部では海でとれた魚やその加工品を入れる所もあります。

 

 

地域によって本当に様々ですね。

わたしの家は澄まし汁ですが、味噌仕立てのお雑煮も食べてみたいと思いました。

皆さんのご家庭のお雑煮はどうでしょうか?

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る