やまとのスタッフブログ

お彼岸ってな~に②


みなさん
こんにちは営業の川原田です。

 

お彼岸ってな~に
の続きです。

 

聖徳太子とお彼岸

 

ところが「今昔物語」巻第十一にある
「聖徳太子、天王寺を建てる物語」に

 

239402

 

「天王寺の西門に、聖徳太子はみずから
(ここはお釈迦様が説法をされたところ、極楽浄土の東門の中心にあたる)

とお書きになりました。

そこで天皇、公家、お坊さん、民衆にいたるまで
さまざまな人々が西門で阿弥陀様の念仏をとなえ

今日まで絶えることがなく
お参りしない人はいない」とあります。

 

こうした言い伝えがあるので
聖徳太子のころは「お彼岸」があった、というのです。

 

桓武天皇もすでに
四天王寺へ801年の春彼岸にご臨終されました。

 

四天王寺はお彼岸の中日(春、秋分の日)に
真西に夕日が西門の石の鳥居の中に沈みます。

 

この鳥居が「極楽の東門」です。
ここに入る夕日をおがみアミダ様の西方浄土(極楽浄土)へ

 

極楽往生を願う、という信仰がうまれました。

 

後白河法皇など多くの法王や天皇
藤原一門の貴族や歌人たち

 

それに天台宗の開祖・最澄、浄土宗の開祖・法然
鎌倉幕府を開いた源野頼朝などの武士

 

また一般民衆もおおぜいお参りした記録が残っています。
それは、一千年後の現代にも生き続けています。

 

春と秋のお彼岸は多くの人が夕日を拝みに
四天王寺一帯にいまも「夕陽丘」という地名も残っています。

 

次回につづく

 

川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る