やまとのスタッフブログ

お墓は「物」じゃなくて「事」なんですね


こんにちは。佐々木です。

 

今回のブログ、ホントに困ってます。

何が?・・・それは何を記事にするかです。

 

本来ブログって身の回りにおきたことを、日記のように

書いていくものなのですが、それをお墓の事に特化して

いくとなると、これがなかなか難しい。

 

「お墓の仕事をしてるんだから、簡単じゃないか」

と思われるかもしれません。

 

でも・・・だからこそ難しいんです。

慣れって本当に怖いですね。

 

普段、お墓の仕事をしていると、

どうすればカッコよくなるんだろう?

どんな石を使えばいいんだろう?

などなど・・・。

 

まさに「物」をつくっている技術屋さんになっています。

お墓づくりをしていく上で、実はこの思考ではダメなんです。

 

「えっ?なんで?いいじゃないの?」

と思われるかもしれません。

 

何故か?・・・私たちはお墓は「物」ではなく「事」として

捉えていかなければなりません。

 

仏様がいらっしゃる方にとっても、まだ仏様がおらず自分たちのために

お墓を考えていらっしゃる方にとっても、突きつめていくと

やはり「思いを形にする」という部分が大切だと思います。

 

そこで、自分がお墓参りに行った時のことを

思い出してみました。

 

記憶も薄れかけているご先祖様に対して

「元気だった?来たよ~。家族の事見守ってよ~。」

と声をかけています。

 

どうでしょう。お墓だからこそ声をかけても

不自然じゃないですよね。

 

これが車だったり、何か高級な「物」だったりしたら

ちょっと気味が悪い感じです。

(ホントに思い入れがあって声をかけていらっしゃる方

ごめんなさい)

 

声をかけたり、掃除をしたり、お供え物をしたり・・・。

それだけで何となく心が安らぎます。

 

この気持ちをお墓を建てられる方は、必ず心のどこかに

持っていると思います。

そのことを忘れてしまうと、形や石だけにこだわった

「物」になってしまうような気がします。

 

私たちも改めてこの気持ちを肝に銘じて取り組んでいかなければと

思います。

 

なんか決意表明のような硬い内容になってしまいましたが

今回はこの辺で勘弁してください。

 

blog個人写真(佐々木)

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る