やまとのスタッフブログ

お墓の彫刻あれこれ(その3)


設計課の山本です。

今回はご紹介する彫刻は「影彫り」です。

「影彫り」は絵画に例えると「点描画」のような
彫刻で、職人さんが点を打刻することによって出来
上がっていく非常に、手間と時間のかかる彫刻です。
実際に作業を見てきたことがありますが、
本当に気の遠くなる作業です。

特徴としては、通常のサンドブラスト彫刻では表現が難しい
繊細なグラデーションも再現することが可能なので、写真
を基に彫刻を依頼する場合が多いです。
以前ご紹介した、青森工業高校の記念碑にはめ込んである
版画の部分もかなり細かいので、影彫りでの再現になりました。

版画1

版画2

彫刻する場合は彫刻をはっきりと浮き上がらせるために、黒御影石
又は黒系の色の濃い石が使用されます。

影彫り

また、着色もできるので、モノトーンの落ち着いた印象とは違った
仕上がりになります。

TS3S0015

霊園などで期会がありましたら注目してみてください。

山本

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る