やまとのスタッフブログ

お墓のデザイン変遷


こんにちは。青森店の佐々木です。

今年は梅雨明けも遅く、さらに例年ですと

町内のあちこちから聞こえてくる「ねぶた祭」の

お囃子も聞かれません。

なんか淋しい感じです。

 

さて、本題ですが・・・

 

まもなくお盆を迎えます。

みなさんお墓参りに行かれるかと思いますが

その時に、自分の家のお墓だけではなく

周りに建っているお墓も見てみてください。

皆さんのお墓の周りにはどのような形のお墓が

建っておりますか?

おそらく圧倒的に多いのは、従来の

「和型」というお墓かと思われます。

 

実は、お墓を建てる習慣が一般的になったのは、

檀家制度が確立した江戸時代中期のことです。

当初は個人または夫婦としてのお墓でしたが、

明治時代中期以降の家制度によって

「家単位」のお墓が定着していきました。

 

その後100年ほどは、お墓といえば縦長の三段になった

「和型」が主流でしたが、1965年頃の高度経済成長期以降は

ついにお墓にも洋風化の波が訪れ、お墓の世界にも

「洋型」が登場したということです。

 

一般社団法人「全国優良石材店の会」の調査によりますと、

2015年(平成27年)に初めて洋型が和型を

逆転するという、興味深い結果が出ております。

2018年には和型と比較して、いわゆる

「洋型・デザイン墓」の割合が60%にまで増加しております。

 

私たちやまと石材の昨年度の墓石建立実績も、

なんと77%の方が「洋型」で建立されております。

各ご家庭の生活様式の変化や多様化が、

お墓づくりにまでおよんでいるんですね。

この事実、あなた様は「びっくり!」と思われるか、

それとも「やっぱり!」と感じるか。

 

いずれにせよ、形にとらわれずにご先祖様のご供養を

されることが一番かと思われます。

 

営業部・佐々木隆夫

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る