やまとのスタッフブログ

お地蔵さまについて⑥


 

 

 

皆さん、こんにちは。

営業部の平田です。

12月も残すところ10日を切りましたね。

でも明後日はクリスマスイブ!

そして大掃除をして年末を迎えます。

慌ただしく過ぎていきそうですが、

やり残したことがないようにしたいものです。

 

 

さてお地蔵さまについての続きです。

 

 

ojizousan

 

 

墓地の入口やお寺でお地蔵様が六体並んだ「六地蔵」をよく見かけます。

もちろん天界・人界・阿修羅界・畜生道・餓鬼道・地獄の六道それぞれの

世界で苦しむ人々を救うためです。

そしてまた死者と生者の境界にあって、ちょうど「道祖神」や「塞の神」と

おなじ境界石の役目をしています。

 

 

境界石は、私たちが住み暮らしている日常の世界と、そうではない

外の世界(異界)との境目に立てられ、さまざまなはたらきをします。

昔は今ほど交通がよくありません。外の世界と往来はごく限られていたので、

善いことも悪いこともみな、日常でないことは外界からやって来る、

と思われていました。

善いことは大歓迎ですが、疫病などは村の境界に塞の神をつくって

防がねばなりません。

未知の外の世界へ出ていくときは、村はずれで旅先の安全を祈るために

道祖神をつくりました。

 

 

同じようにお墓の入口は、生きている人の世界と亡くなった人の世界

との境界です。

そこに立つ六体のお地蔵様は、あの世へ旅立つ人の安全と安らぎ(救い)を

いのる「道祖神」であり、死者が迷ってあの世からこの世へ帰ってこないための

「塞の神」です。

 

 

小畠宏允 著 『お地蔵様ってな~に』より

 

 

それではまた次回に続きます。

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る