やまとのスタッフブログ

あの日を忘れない


こんにちは、大澤です。

 

今回は「岩手県普代村」の記念碑建立工事

環境石材のお仕事でございます。

 

 

2011年3月11日の「東日本大震災」各地に甚大な被害をもたらしました。

 

あれから、8年たったのですね。

皆さんも、ニュース映像での巨大な津波の映像が

目に焼き付いていることと思います。

今でも、動画を見ることがありますが

胸が締め付けられる思いがします。

 

しかし

巨大な水門が地域の人々を守った、という事例もあるのです。

幅205m、高さ15.5mもの水門が『岩手県普代村』の人々を津波から守りました。

sIMG_5385

その水門は普代川河口にあります。

 

津波の高さは20mを越えたそうですが

水門から200m付近で津波は止まったのだそうです。

 

先人の備えが、地域の皆さんの「命」を救ったということなのですね。

 

この『普代川普代水門』のほとりに、記念碑を建立することとなり

やまと石材が施工させていただきました。

『東北お遍路巡礼地』の石碑建立

東北お遍路(こころのみち)プロジェクト活動の一環ということです。

s20170329144805

震災の記憶を残すための仕事に携われたことに感謝いたします。

みなさんも普代村に行くことがありましたらご覧ください。

s20170329144545

それでは、ごきげんよう。

11

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る